JKライブチャットセックス

優しいタッチにビンビンになるとS子は静かにチ○コへと潜っていった。相性がいいのか、S君のおちんちんは私の一番気持ちいところをピンポイントで擦ってくるので、私も「あぁん、あんっ、きもちいい、S君、S君」と言いながら腰を動かしてしまう。
花「しーちゃんおはよ~朝電話ありがとね~」椎名「しーちゃん言うな」
携帯電話?余はそんなもの持ってないぞ!機械は苦手であるからな^-^
やらかした、自分くそだ。7月28日に子どもの友達3人を連れて近所の市営プールに行きました。左手は彼女に腕枕をしていました。「りんちゃんと相性すごくいいみたい(笑)どうしようか、オレたち(笑)」って言われました。義姉は突然呻いて、俺の手を掴もうとして止めた。「そろそろ、イクぞ!」「イイワ!イッて!」更に激しくなる抜き差し、10回・・・30回・・・あぅ!イクぞ!もうイク!!」「あぁぁ~私も!~~~」恥丘にゴツゴツと叩き付けるような突きの後彼の動きが緩やかになり横動きにかわる……”あぁ~今、出してるんだわ~彼の精液…私の中に注ぎこんでる…いいわ!一杯出してぇ~もっとぉ~もっとよぉ~奥まできて!全部だしてぇ~もっとぉ!!もっとぉ!もっとよ!…彼の好きな言葉をささやいてあげる…チュッとキスをして彼私からはなれる…手早く身繕いをする私…口紅を直し…彼の口に付いた紅も拭いて上げる。あきらめて帰ろうとした時、黒いBMWがすーっと止まり、彼女が乗った。「あれ、加藤くん(俺の仮名)」と突然話しかけられた。デメリットは、料金の問題です。まさか別人格??で、うやむやのまま今日に至ります。すぐに妹は俺の唇を求めてきて、また腰を動かし始めた。。もちろんこのまま手コキで終わらせるわけにはいかないし、最近フーゾクに行ったばかりの下半身が、この程度で発射するはずはない!僕はしばらく続けさせると、「アヤちゃん、すまない・・・ひさしぶりなもんで、これじゃダメみたいだ・・・」と言った。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ