JKエロチャット

で。彼女は、有給休暇の消化もあり、ゴルデンウィーク明けには会社に来なくなっていしまいます。

。実は私も孝介君としててすごく感じちゃった」「ホントに?」「うん。シミというか滲んでる感じ。

<直アドを聞く勇気!>
これはおそらく、もっとも大切なことです。私はこの時まで実物を見たことがなかったんです。高本さんと授業で顔を合わせても、よそよそしいあいさつをするだけになった。「何いってんだよ。」って。女性の口から卑猥な言葉をもっと言わせたかった。足を閉じた状態で入れられると子宮の圧迫されて私はすごく感じていました。私は本能に従って、夢中でそれを握っていました。化け物か!?って感じでした(笑)翌日は2人とも午後からのシフトだったので、その日はそのままホテルで一泊することに。もう、気持ちは最高でした。アユちゃんが俺のチンコを触りながら、「何から何まで、初めてだったよ」などとカワイイ顔でのたまう。舌でクリを責めながら指を何本かアソコに突っ込み、中をかき回したり・・。4人がかりで抑えこまれて、足を開かれ、彼らの指がどんどんマンコの中に入ります。「もっともっと!!」後輩の怒鳴り声とフル勃起したチンチンで私の何かが壊れた。でも、舐めている内に、その味、匂いも気にならなくなり、口いっぱいに大きくなったチンポに激しい興奮と入れて欲しいと言う欲求が高まっていました。律子の方も、相手になった男からは「やって欲しい」と言われていたみたいで、上手だった。初めてのエッチをする前から「ツバキを抱きたい…」とストレートに言ってきました。妻と子に対して、今まで自分が行ってきた過ちを一生かけて償うつもりです。
これをできるだけ積極的に利用してさまざまな人とコミュニケーションをとってみましょう。水着を買いにデパートに向かう間に色々と聞いた。さらにこういうホテルの場合、添乗員が寝る部屋には電話があり(通話はフロント経由で)、用がある時は電話(今ならケータイだろう)で連絡する事になっていた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ