H電話ツーショットダイアル

わりと落ち着いているようでした。「両手両足縛ったらゲームできないですよ~」「大丈夫だよ」その大丈夫だよの言葉を信用しちゃいけなかった。美しくいやらしかった姉をまだ体がおぼえています。中をクリクリされているうちに、またクリもピンピンになってきて、今度はクリを舐められ、中をかき回される状態で逝きました。この関係に溺れたらヤバイと、何度も脳裏をよぎっては、快感に打ち消される。まだ各店舗の中でプレイを楽しめた時代。
昔の生命保険会社は伝統的な会社ばかりで、地味だけれども安定していました。

最近では埼玉県からも地下鉄1本で横浜まで行けるようになったので、埼玉からのカップルもどんどん横浜デートができるようになりました。恐怖もあったが…今までにない快感を感じていた。自然にギャル子の胸の上に手がのりました。どうせ最後までやる勇気なんて無いだろうし、ってそんな風に思ってたんです。
おいしい生ものに舌鼓なんていうデートもいいですね。。マコトの兄ちゃんは何も言わずにやってて、多分10分位した頃、津加紗ちゃんの「ん・・・ふうーー」って声がし始めた。訴えたり慰謝料を取られなかっただけまだマシなのかもしれませんが・・・先輩や同僚の忠告通りに成ってしまったのです。妻の目の前に先輩の大きくなったチンチンが来ていますすると、何と妻はいきなり「主人のより大きい!」と言いながらパックリと舐め始めました普段でもあまりフェラチオをしないのに自分から舐め始めるとは・・・・曇りガラスなので妻の頭が上下してるだけでよくは見えませんほんの2、3分で先輩はいってしまったようでした。イッて、でも寂しいからお腹には出さないで…」「えッ?」「中に出して…責任取れなんていわないから…」「そんなの、駄目だよ。勿体ないねぇ~タカシ君」しばらくの間はヒロシさんにそうカラかわれてました。「あ、あっ、あっ、だめっ、だめだっ、いっ、いくっ、いくーっ、ユキー、いくーっ、うーっ」健二は、大きくビクンと体を震わせて直美先輩の口の中で果ててしまいました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ