斎藤さん エロ まとめ

「後で返すよ」彼はそう言って、再び歩き出しました。と同時に由香は顔面から部屋の床に叩きつけられる様に倒れこみました。友達の一人がラブホの割引券をくれました。それに俺は直ぐに『こいつ、俺をカラかってやがんな!』と思い、どうせ俺が慌てる様子を見て笑うのだろうと思った俺は、逆に妹を慌てさせようと、「そーだな!久し振りに成人した妹の身体でも、じっくり拝見しようかな♪」と言い返してやった。*優しくしてあげるから大丈夫やで。全然おさまり切らないチ○コが、この瑞々しく若い身体を欲しがっている。時間を計ったことはないので正確には分からないけど、大体それくらいで二度目のアナル絶頂に至ります。その間にも彼の手は制服のベスト、ブラウスのボタンをはずし私の胸をはだけてしまいます。
そんなことを考えて「出会い系サイトってどうなんだろうか、出会えるんだろうか」と思い始めました。そんな絵里さんだから兄貴は気になって仕方が無かったらしい。『M』が部屋に来てから、既に3時間が経っていました。意外と肌白いし。相手も「あっ…」ってちょっとおっきい声を出しながら、腰をゆっくり動かしてきて、私も自分のアソコにおちんちんが出たり入ったりするのをじっと見ちゃいました。ご主人「オマンコ、いい。そして下も脱がされ拭き始めました。)」裕子ちゃんの膝は下の布団だが、腕は里香のベットに置いてバックをしているので突く度にベットが揺れた。友達は突き出された尻を割るようにして顔を埋め、執拗なクンニを行います。「ふぅうう…奥まで…すごい…」上村さんはもらし、慣れた動きで、器用に腰を動かします。パンティの色まではっきりとわかった。「はっ、はぁあーっ!」快感に一瞬ぼんやりしていた私は、愛撫が途切れたので、A君を見ました。それで週に一度、そのTさんに家に来てもらう度に実際にHしようとまでは思わなくてもTさんとだったらどんな感じだろう…と想像して意識することは時々ありました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ