姉とセックス

そして、姉をおかずとして利用するようになっていきました。「里佳ちゃんこんなにマンコグチョグチョにして、いつもこんなになるの?」「・・はぁ・・はぁ・・・そんなの・・分からない・・です」「いやらしいマンコだなぁ、もっと気持ち良くしてあげるから脚開いてごらん」里佳が少しだけ脚を開くと、男優が更に里佳の両脚を広げました。でも胸を愛撫しながら弟の手が足の間に差し込まれた時は思わず「ああっ!」と叫んでしまいました。ガラス張りとかでなく、仕切られたバスルームだった。乳首をクリクリと摘まんで転がすと、軽い喘ぎ声を出し始めてた。
車が無い場合はレンタカーでドライブデートというのもたまにはいいですね。彼女から、すぐにメールが帰ってきます。でもこの時、あぁやっちったよ!とちょい後悔の念が・・・しばらくして瞳さんが起き上がり「ふぅ」とため息つくと「癖になっちゃうかも」。その反応がまんざらでもないのか、はたまた完全に笑い話にしてしまうのか。結婚15年目。なによりも女性がいなければ、男性にとっても出会いができないからです。自分でも肛門が切れそうなくらい広がっているのがわかりますし、うんちが顔を出しているのもわかります。そこまではいつもの事だったのだが「ねぇ?明彦さんって明日何か予定入ってるの?」「いいや、明日は特に・・」「今日朝まで一緒にいたいな。これからどうなるのか不安で一杯でした。耳元にキスをしながら、「そこのカフェで待っててね、直ぐに行きま」言われたカフェでジンジャーエールを飲みながら待っていると、10分くらいだろうか、私服に着替えた彼女が入ってきた。話しによると前夫の母親と同居していて、折り合いが悪くそれが原因だったそうです。あちゃーって思いながらも、どうしようどうしようって考えて出てきた言葉が「私、彼氏いるよ?」そしたら、「そっすね。「あのね。そしてしばらくして私を抱き起こして「やっと素直になったな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ