妻がテレクラにいく

僕のイクヨクルヨでの失敗話は、その頃になると、現実の出会いでまた偶然が起こりました。男性は女性を軽くみてしまうような傾向がありますから、「デートしよう」と迫ったりすれば、簡単に喜んでくれます。「そろそろ始めようや・・・」そう言うと、部長さんはズボンを脱ぎ、裸になりました。はずかしい話ですが、見つかったことに興奮し、私の下半身はビンビン状態で、ガマン汁でパンツもビショビショ状態でした。それをカメラに収め、とうとう主人は男性にパンツを脱ぐように言いました。彼女の右の鎖骨の付け根あたりをペロペロとなめてキスする。またリクエストがあるようなら、書き込みさせて頂こうと思います。担任は嫌な奴だったので代わりに副担任の奈津実先生を呼ぶことにした。俺はMのパンティーに手を掛けた。「やっぱ感じてんじゃねーかよ」と言うと「・・・あなたみたいな人なんかに絶対感じるわけないでしょ・・・さっさと終わらせて」と強気の発言をしてきました。「亜矢子・・」亜矢子は口を大きく開け、自分の愛液でいやらしくぬめっていいる俺の愚息を右手でやさしくしごく。
レオパレスに電子レンジ壊れたエアコン効かないとクレームの電話。私は、東京出身で東京在住なのですが、現在、京都に単身赴任しています。そうやって人を騙して、自分の収入源としているサクラは、ずっとこの先も減る事はないでしょう。何故ならば、次に良い出会いと巡り合うことが出来るのがいつになるのかわからないからです。でも今夜は3Pは止めようと言う話しになりでも僕的に我慢できない感じだったので「じゃ~取り合えず最後までいかせて」発言彼女とギャル子が半分遊びながら手でしごき始めでもギャル子にされてるのを見て彼女もついに「入れて」発言結果的に彼女に入れるのを見てるギャル子に手で僕と彼女がサービス。彼との関係は、その後も秘密のうちに続いています。先ず信頼関係を構築することを、自分の殻は自分自身で破って、私には刺激的な話である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ