リンリンハウストップ

そして残っていた缶のビールを飲み干すと少し思案した・・・。タイミングを合わせたり、外したりしながら、下の手はときどき一番敏感なふくらみを触る。ネクタイを締めながら「ゴメンな。どんどん積極的に使ってみましょう。K君はペニスを出してきて、大きさにビックリ・・・。これできっと目覚ましは警察からの電話かな。先端が固い。次々と送り込まれて口の中におさまり切らない精液が口の端から流れ落ちる。来るのかな…来たらどうしたらいいのかな…。激しく腰を動かしていた佳代の動きが止まり、私に抱きついてきて佳代「またイっちゃった」とキスをしました。Tは「俺がイクのは綾子さんが何回もイッてからでいいから」と言いました。それから、ある日、健一君とゴルフ場でプレーの後でお風呂に入った時、さすがにしまった体と目を疑いたくなる、あそこの大きさ、太さ、あれが勃起した時はかなりだと思います、日本人では、超大きいほうだと思います、まさに黒人のあれかもしれません(見たことはありませんが)。今日はもう行けそうにないし、明日は昼からバイトがあるから、また月曜日に学校でね」一方的な電話で俺は何も話せなかった。

その理由に、まずチャット機能などが挙げられます。黒いパンティーをはぎとり、B君はAさんの垂れ気味の乳房を鷲掴みにしながら、男根をAさんのクリトリスのあたりこすりつけていく。その後、何事もなく年越し・正月と過ぎ俺はまた勤務先に戻った俺は思う。段々、手の平の動きで自分の乳首が固くなっていくのが分かりました。可愛かった。温泉に泊まりで旅行に行って、初めて外でエッチしました。TVはすぐに飽きた。これもMさんのおかげです。出しちゃいなよ」「ダメだよダメだよ汚いもん」更に態勢を変え、再び横になる。それなのに、ここ数年、彼女が出来ませんでした。駄文失礼しました。俺らを見るとニヤリと笑って、口に指を立てた。さて、終了してみんなそれぞれの部屋に戻る途中に、K君がビールもう一本だけ飲みたいな、と、私につぶやきました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ