ランダムチャット エッチ

『ひょっとして中に出しちゃったの?』と思ったんですけど、こんな気持ち良くしてくれたんだから、それぐらいのお返しはしないといけない!って思いました。改めて思うと、彼女は女として素晴らしい武器を持っていた。そして、手を伸ばしてティッシュを取り、妹の鼻をかんであげた。しかも相手が妊婦で流産までさせてしまったそうだ。自分とこんな事…後悔しないでくれますよね?」と聞かれ、私がコクリとうなずくと、そっと胸を愛撫し始めました。奥「んっ・・・んっ・・」俺「ねえ、全部知ってるんだよ?我慢する必要ないだろう?いつもみたいに、やらしいことでアタマ一杯にしろよ。二人はそれから狂ったようにキスをし、姉もショーツを脱ぎ、もう一度一つになりました。4月に転校してきたばかりで、そんなに仲の良い友達も作れていないそうです。青森県の病院で看護師してます。マジ頑張るよ」私の幸せそうな顔を見るためにマジ頑張ってくれるんですよ、弟が!その瞬間、私の心の中では悪魔が大勝利をおさめていました。
あー。間に合うか、間に合わないかっ!その瞬間、我がDNA達は解き放たれて行きました。自分がテクニシャンになったようでした。わたしは音を立ててフェラするのが好きで、結構大きくエロい音がしまくってたと思う。入ってくる感触というか、とにかく無理やり押し入ってくる感じが怖い。男達が去り私は裸で暗い園内の保健室で体を拭き落ちていたジャージを来て帰りました。乳首、吸っちゃ駄目ですか?」と聞くと、彼女は「もう、君は…。全裸の奥さんを玄関の廊下で押し倒し、とりあえず満子をナメようとしたがもう汁があふれていたのでクリだけナメ回した。
いきなり有料サイトに飛び込み失敗ではお金の無駄です。。妹がつらいなら、もう最後までしなくてもいいと考えていた。「ちょっと待って」シャワーを手に取ると体についている泡を流し、バスルームを出ていこうとする亜矢子。(なぜ彼氏じゃなくてA君?どうして私こんなところにいるんだろう?)混乱する頭の中とは別に「ちょっと待って。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ