テレフォンセックス 地域密着

「ねぇ・・お願い・・早く入れて・・」ってかすれた声で訴えると、哲也はハァハァ言いながら、「何を?」「どこに?」「どうして?」って聞くの。半寝で急に起こされた弾みだよ。東京の住所を渡し、「また会えるよね」って約束して彼女を見送った。すごいね」「ほらほら」突然腰を振り上げる。最初は友達のノリで人生の話とかをしていましたが酒もまわってきて、お腹もいっぱいになった時・・・私がほんっとに冗談で「よし!Hだね!」と言いました。「あらあら久しぶりじゃないあらあらあら」「ご無沙汰してます。俺はこれで完全に決心がつきました。これはなくならないと思います。じっくり綿密に計画を練っていく。俺の胸に手をつき、激しく腰を動かす。おしゃべりが途切れたとき、僕は彼女を抱き寄せてキスをした。7月のテストが終わり、実家に帰省した私は暇を持て余していました。」と言うと、「だめ、まだいっちゃだめ。左手で持ち上げたパンティを尻の片側にずらしオ○コをあらわにし触れてみると、もう既に大洪水☆ここぞとばかり勢いで跳ね起きSを返してTシャツをたくしあげ乳房とご対面。Y美も2度目からか、遠慮しがちながら自分からチンポを触りだす。月に何度かあるフェラチャンス。俺の腰当たりに手をそっと回す○川さん…。でもビール2杯、サワー5杯を平らげていた。メール交換してるなかで、マミの画像が添付されていたときがあった。

回りはとても自然が多く、都会とはちょっと違った繁華街を呈しています。もう部活もないから!と言うと、彼は「俺の大会終わるまで待って」とOKしてくれました。
私と一緒に彼女の家に行った友達と、お兄さんが交際を始めることになりました。「本当に漏れちゃう・・約束するから・・兄貴・・お願い」もう、泣きそうな声を出す妹。全く初めての強い快感に我を忘れました。濃密な舌の絡め合いを繰り返す中で義姉の喘ぎ声はせつなく激しくなっていく。義弟の俺のチ○コで。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ