テレクラで出逢った体験談

ふーーーーー。少し恐かったけど、生の誘惑には勝てずに正常位で挿入。男性は性に対してオープンですが、女性は自分の思いやしたいことを心に秘めて日々を過ごしています。おっぱいのふくらみがわかりそうなとこまでなめた。小学校の一年生の時に隣に座っていた女の子が今は山形県に住んでいます。。怖いものに触れるかのように恐る恐る肉竿の感触を確かめている。」俺はその言葉に勇気を出してさらに肉棒を前に進めた。二人はこれから飲みに行くところだと言い、絶好の機会とみた私は一緒に飲みにいきたい旨を話すと、あっさり承諾されました。僕は喜び勇んで彼女の爆乳を揉み始めました。「なんかまだ祐也が入ってるみたい。「良い出会いを得ることが出来たから、もうサイトをやめてしまいたい」「今回は良い出会いが得られず、このサイトから離れようと思う」こんな風に、様々な理由で出会い系サイトを退会する人はいるでしょう。かとおもうと‥‥「ひぁ‥‥」つき抜ける快感が走り、アソコがびくっ、びくっ、と痙攣した。」と言う彼女にふざけて人差し指を立てて「じゃあ。私は、高校からしてたので当然できました。いや、もちろん自分の彼女が他の男にここまで感じさせられているのを見て、嫉妬とか悔しい感情とか凹んだりとかグルグル頭の中を回ったけど、なんかそれより興奮のほうが上にきてしまった。その体勢のまま、挿入。1時間位すると恵子の方から、「ぐーーーー」と、小さな寝息の様ないびきが聞こえて来ました。今度の二人は、前の子達と違ってはっきり言って・・・×。何処に出して欲しい?」「口に頂戴。
今日一番嬉しかったことは、川元美和ちゃんが電話をくれたことです。A先輩と、女子側の幹事の人が気を使ってくれていたのが逆に分かってすごい辛かった。彼女は髪をかき上げ俺の股間に顔をうずめていった・・・。私は起きたのかと思い「お兄…ちゃん?」と声を掛けたのですが返事は無く、だけどしっかりと私を抱きしめていて、私は身動きが出来ない状態でした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ