スマホ テレクラ

私はその飛び散った液をタオルできれいに拭き取ると、急いでストッキングとショーツを脱ぎ、まだまだ萎えきらない彼のおちんちんを口にくわえ、再びビンビンにさせると彼にまたがり、ゆっくり腰を下ろして…。スカートの下から手を入れ、パンティをすっとなぞると、同時に「あっ…」という彼女の声。ところがあまりに奥手すぎてHまでたどり着かないというのが俺の悪いところだと思う。僕は「よし!」と思い、静かに近付いて行きました。しかもさらに早く。でも、彼女いたし。「なに・・・?」と言った瞬間ブラウスのボタンひきちぎられた。お互い写真交換をしていたので初対面でも初めて会った気がしませんでした。いろんなキスがあると思うんだけど、私はねっとり、ゆっくり、中程まで入ってきた舌をフェラするみたいに、しゃぶるのが好きなんだけど、今まで付き合った人やキスした人で、説明なしにそういうキスをして、私のフェラキスを受け入れてくれた人ってあんまり居なくって、なのに、課長さんってば、舌をひっこめるタイミングまでぴったりで、思わず、一回キスを止めて、「うそ……」って言っちゃった(笑)。快感が俺の脳髄を突き抜ける。まぁ、どうにか成るやろうと風呂を上がりバスタオルを撒いて彼女の居るベッドに行った。「千香、濡れてるよ。このキスは全身に鳥肌が立ったような感じがして、力が入らなくなってしまいました。?「おい、小宮。主人には「ありがとう!好きだよ!もっといっぱい愛して!」っておねだりしちゃいました。期待で私のあそこはヌルヌルなのが自分でもわかります。今の世の中にそんな人がいるとは驚きです。激しくディープキスをした後、気がつくと右手は俺の股間に、左手は俺のTシャツの中だった。しかも8割くらいどうでもいい話。S君は「うぅ、うっ・・」とうめきながら必死でクリトリスを舐めている。下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです。女が指を抜くと、私はもぞもぞとまたクリトリスを触りだした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ