カップルライブチャット

話してみると、確かに女性に慣れていない感じはありますが、そんなにキモイとかってわけでもなく、チョっと可愛いなぁと感じていました。「あっ」それはB君だった。「又3人でやろうね」隣に座っている彼女が、女神の微笑みを見せ、オレに言った。この後はもちろん飽きるまで奥さんを使わせてもらいます・・・ヘルスで本番をした後、もう一度その奥さんとヤリたくなったので、日曜日に電話をしました。」と言って軽くキスをした。」と言いながら、再び入り口にあてがいました。「プハハハうそくぁーい」と祥子ちゃん。ユミ。「ねえ、Mもっかい、学校に戻ろうよ」「ええーそれって、マヅイよーー」「大丈夫、大丈夫」Mの手を握り再び校門を潜り、玄関から土足のまま校舎に上がりこむ。とにかくあえぐ声が大きいのに驚いた。それでも恥ずかしいので閉じていましたが、クンニがまた、うまいんです。そしてベットに移動させて押し倒す。恥ずかしいわ。そこで毎晩近くの温泉に通っていました。そして「この前は床で寝させちゃってゴメンね!疲れなかった?」と聞くと「全然平気でした!私一度寝ちゃうと全然起きないタイプなんですよ!」と言っていた。やだっ!ちょっとやめてよっ!!と焦った千鶴は腰に布団を巻き付けたが、その仕草が可愛くて何度もからかってみた。敏感なところに当たったようだ。挿入なし???なんとなく把握できました。「Tさん、コンドームだけはして…」わたしは一番上の引き出しを指差すと「あ、うん」と手早く引き出しをあけ、あわてながらコンドームをつけてくれました。思っていた以上に、風俗嬢が簡単にヤラせてくれるので驚いていました。唇を離すとすぅ~っと息を吸って「喉が渇いた~」さっきまでの亜矢子に戻っていた。もっと握っててよ」って言ったら一瞬嫁の眉間に皺が寄った。また、レスと言うのはコメントに対する返信を言います。ま、ここはとくに何も言わずはぁはぁしながら見る程度w挿入はもちろん騎乗位で。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ