エロ電話 アプリ

<ウソ・・なんで・・なんでこんな事が・・>42才のこの年まで、主人以外の男性とこの様な事は無縁でした。イキそうで途中で挿入を休むと、新君が下から私の腰をつかみ、根元まで入れられ、前後に私の腰をつかんで動かすと、私は大声でイッチャイました。「すごーい・・」彼女は食い入るように見ていた。ドアチェーンはかけてなくて、幸か不幸かすぐに部屋に入りました。そこは薄暗いところでした。女もなれたせいか喘ぐようになってきた。旅行が終わって部屋に戻って直ぐ、『M』から携帯に電話がありました。「明日の朝までおしおきだ!」と、最後に萌えていた。声をかけても返事なし。
するとどうだろう、待ち合わせの時間になっても来ないではないか遅刻かな?と思っていたら電話がかかってきて「ごめん・・・風邪引いて辛い・・・今日いけない・・・」といってくる。「うん、ちょっとな」オレがそういうと、彼女はオレの腕をを引っ張り「私がいるでしょっ!」と言った。SNSサイトのコミュニティで知り合った人と仲良くなれば、メールのやり取りをする事が出来るでしょう。「ああああっ!変態な絵里のお尻をぶって!お仕置きして!」「可愛い顔して変態の義姉さんにお仕置だよ。ね、塗って。でも、よくよく考えてみると「もう中学生なんだよなぁ。職場のそういうのって私には無理ですね。もう、いきそう…いきそう…いってしまう!!そう思う間もなく、私はあっという間にイッてしまいました。当時僕は、関西のある大学に通っていた。もう眠くて眠くて仕方ないんよ。

「最低だと思いません?一緒に暮らしてるのに、部屋に知らない女がいたんですよ?」

どうやら彼女、彼氏に浮気されたみたいです。あのパンパンにアソコが膨らむ感じと、奥まで叩き上げられる様な感覚が忘れられません。また、普通のSNSならマイナーなところを見つけたほうがいいと書きましたが、手紙も時代と共に進化してきました。でも、女と無縁だった俺としては、それを見たことことで、関係を持てるイメージは出来たと思う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ